「労働組合」というとどのようなイメージをもつでしょうか。クライ、怖い、私には関係ない等々、どちらかといえばネガティブな感じでは。でも、前段の労働法と同様に、私たち労働者にとってはとても大切なものです。

 厚生労働省のホームページによる労働組合の説明は以下のとおりです。「労働者が団結して、賃金や労働時間などの労働条件の改善を図るためにつくる団体です。」例えば、休みが十分にとれずに低賃金で働いている状況をなんとかしたいと思っても、労働者ひとりで会社相手に改善を要求・実現していくことは、簡単なことではありません。要求しても、「君の代わりはいくらでもいるから、嫌なら辞めてくれていいよ」と会社に言われてしまったらそれで終わり、ということにもなりかねないからです。そこで、労働者が集団となることで、労働者が会社と対等な立場で交渉できるよう、日本国憲法では、労働三権を保障しています(日本国憲法第28条)。さて、「労働三権」という言葉がでてきましたが、どのような内容の権利かご存知ですか?答えは次回ということで。

個別に労働相談をする場合はこちらから
個別労働相談お問い合わせ
Consult